医療法人王司たちばな会 おかクリニック 下関市王司上町 消化器内科, 大腸・肛門内科, 大腸・肛門外科, 内科, 外科

痔 専門外来

痔の治療について

痔などの肛門の病気は、肛門の静脈の怒張が原因で起こります。 長いトイレ、一日に何回もトイレ、硬い便、おしりの感染などにより、 肛門静脈に負担がかかり、いぼ痔、痔瘻、切れ痔が発生します。

こうした病気はすべて手術で治療をするわけでは無く、むしろ手術になる 例は少なく、なるべく手術をしないで治療することが重要です。

治療の原則は、
① 病気の原因となった日常生活の改善
② ウオッシュレットと坐薬による治療
③ 治療の経過観察です。

痔は症状が軽度の早期に、医療機関を受診して日常生活の改善、治療を行うことで 悪化や手術を予防することが出来ます。 肛門科は恥ずかしくて受診しにくいと思われがちなのが現状です。どうぞ、お気軽に お早めにご相談・受診してください。

しかし、痔は日本人の4分の1以上は何らかのおしりの症状を経験しているというデー タもあり、実は最も一般的な病気の1つでもあります。

 

ジオン注射によるいぼ痔の治療


ジオン注射によるいぼ痔の治療は、組織を萎縮・拘縮する薬剤をいぼ痔に局注して痔核を萎ませる方法です。

より楽に治療を受けられるように、軽く麻酔を致します。
4段階に分けて痔核にジオン注を注入し、痔核の組織を縮小・硬化させます。 (右のイラストを参照)

ジオン注射によるいぼ痔の治療は、すべてに適応されるわけではありません。診察により適応を決定します。

出血・脱出が当日から改善し、治療完了です。
術後は定期的に、数回、経過観察をさせて頂きます。

  • ジオン注射による痔の治療についての詳細を当院にお問い合わせください。医師が、適応、手技、合併症など詳しく説明します。
  • 電話による手術の説明をいたします。
    毎週、水曜日午後2時より4時まで